互換インクはどこで買える?気軽に買える?

互換インク,どこで買える

インクジェットプリンターで印刷するためにはプリンターに対応した交換インクが不可欠です。ところが、プリンターの純正インクはなかなかの値段がします。

 

自宅でよくプリントアウトする人であれば、消耗品であるインク代をなんとか抑えたいですよね。そこで大活躍するのが互換インクと呼ばれるものです。別名汎用インクとも呼ばれていて、その価格は純正品の半額程度に抑えられることもあるんです。

 

互換インクはなんだか怖くて使えないという人にも、このインクがおすすめな理由があります。互換インクといえども、開発・制作後のチェックや管理体制がしっかりしているものや、品質保証をおこなっているメーカーのものを使えばほとんど問題はありません。

 

同じようにコストを抑える目的のものに再生インクがありますが、こちらは純正インクの使用済容器を回収して再利用し、インクを詰めた製品になります。量販店などによく使用済インクの回収箱が置かれていますが、あれが巡り巡って再生インクになるのですね。これに対し、互換インクは容器も全て新品なのが特徴でしょう。

 

互換インクがどこで買えるかですが、家電量販店やインターネットでの取り扱いが主になります。とくにおすすめなのはインターネットで取扱しており、生産や仕入れを自社でおこなっているようなショップです。

 

製造からユーザーの手元に届くまでを管理しているのでコストが抑えられ、そのぶん互換インクを安く手に入れることが可能なんですよ!

楽天市場でレビュー件数の多い互換インクを買える店をまとめてみました

インクのチップス 楽天市場店

互換インクの安いところをお探しならインクのチップス

インクのチップス」はプリンターの互換インクを専門に扱うネットショッピングのサイトで、パソコン周辺機器ジャンルで楽天市場ショップ・オブ・ザ・イヤー2015も受賞していて人気があります。

 

プリンターの互換インクって、型番やメーカーなどの関係でピッタリのものを探しにくいところがありますが、インクのチップスではサイト全体を見やすくデザインしているのも特徴で、このメーカーのこのプリンターの互換インクが欲しい!というときにすごく探しやすいんです。

 

インクのチップスの注目ポイントは購入から1年間の安心保証、わからないことがあった際のサポート体制の充実、純正インクと見比べてもほとんど違いのない美しい仕上がりを実現する品質、そして各メーカーのプリンターに搭載されている最新ICチップにも問題なく対応できる点です。

 

インクのチップスには店長キャラとしてちっぴーちゃんという女の子がいますが、互換インクを取り扱う際の細かい説明をマンガでわかりやすく説明してくれてます。家電関連の説明書は堅苦しくて読むのが苦手、トラブルがあったときの対処法がいまいちわかりにくい…といった私みたいに機械オンチな方でもご理解できるかと思います。

 

⇒インクのチップスの評判や感想はこちらからご確認頂けます。

取り扱いメーカー
キャノン エプソン ブラザー
ヒューレット・パッカード デル  

 

インクのチップス 楽天市場店

 

森のくまのインク屋さん

互換インクの安いところをお探しなら森のくまのインク屋さん

森のくまのインク屋さん」、なんだか可愛らしい名前ですよね。店長キャラとしてくま社長というマスコットもいて、サケを捕るより簡単さ!なんて粋なコメントをしていて馴染みやすさはピカイチです。

 

でも馴染みやすさだけじゃなくて、実際の互換インクも安いんです!互換インクの販売歴6年で経験も十分なショップの強みを活かし、プリンターインクのコストをできる限り抑えたいというニーズに応えてくれます。

 

森のくまのインク屋さんの大きな特徴は8つ!不良品の交換は無期限対応、これってなにげに凄いですよね。お店がある限り対応してくれるそうです。そして返金対応、ネットショッピングで不安な不良品トラブルへの対応も万全です。

 

さらに凄いのが、インクがまだ残っているときに新しいプリンターを購入した場合。前のプリンターのインクが残っている状態ですが、互換インクの型番が違えば使えない…もったいない…なんて悩みを解決するべく、なんとインク屋さんで取り扱いのあるインク同士での交換が可能なんです。

 

ほかにもメール便対応、お客様個別対応、純正品に負けない高品質、森林を守るための寄付活動、そして大災害のあった宮城・福島は送料無料など、温かみも感じられるおすすめのショップです。

 

⇒森のくまのインク屋さんの評判や感想はこちらからご確認頂けます。

取り扱いメーカー
キャノン エプソン ブラザー
ヒューレット・パッカード デル リコー

 

森のくまのインク屋さん

 

インク革命 楽天市場店

互換インクの安いところをお探しならインク革命

楽天市場にショップを構える「インク革命」の大きな特徴は、互換インクメーカー初のプリンター本体保証があるところです。

 

プリンター本体保証って何?ということですが、実はメーカー製のプリンターって、基本的に純正インク以外の使用を推奨していないんですね。

 

例えば互換インクを使用していてインクが詰まった!印刷できなくなった!エラーメッセージが出る!…故障かな、なんてときに、プリンターの保証期間内であっても無償修理が受けられない場合があるんです。

 

インクにかかるコストは抑えたいけど、プリンターの保証がなくなるのも不安というユーザーの声を反映し、インク革命では業界初となるプリンター本体保証のサービスがあります。

 

プリンターメーカーの保証期間内であれば、代わりにうちが修理代などを肩代わりしますよというもので、互換インクでコストダウンしながら不安もカバーしてくれます。さらに凄いのが、365日年中無休・夜20時までの注文であれば翌日の配送に対応している点です。

 

書類の作成中にインク切れ!しまった…なんてときにも頼れる強い味方です。

 

⇒インク革命の評判や感想はこちらからご確認頂けます。

取り扱いメーカー
キャノン エプソン ブラザー
ヒューレット・パッカード デル リコー
レックスマーク    

 

インク革命 楽天市場店

互換インクは安全性に問題はないの?

互換インク,安全性

互換インクはメーカーの純正インクではないので安全性が少し不安という人も多いです。

 

純正インクでは実現できないコストを抑えたインクは魅力的ですが、プリンターのメーカー側が推奨していないこともあるし…そもそも使って良いものなの?と思う人もいるくらいです。

 

互換インクを使うこと自体は悪いことでも何でもなく、メーカー側の発言も故障などのトラブルは自己責任でという意味合いのものです。

 

本来であればプリンターを購入した際に半年〜一年のメーカー保証がついてきますが、互換インクを使用しての故障トラブルはメーカーの保証対象外となることがほとんどです。

 

これは修理に出すときだけ純正インクをセットすれば良いよね…なんて甘いものでもなく、最近のプリンターによくあるICチップでインクを読み取るタイプではそれまでのインク使用履歴がバレるなんてこともあるんです。

 

互換インクを使用する際の安全性を高めるためには、互換インクを取り扱うショップが信用できるものかをまず確認することです。楽天市場に出店している互換インク販売店であれば、ショップレビューや口コミがありますのである程度参考になります。

 

また、互換インクショップの補償制度やサポートの体制が十分に整っているかは必ずチェックして下さい。ショップによってインクの保証期間や交換制度、サポート対応の形態が違います。サポートに関しては電話だけではなく、メールでも対応しているショップがおすすめですよ。

互換インクを使うメリット

互換インク,メリット

互換インクのもっとも大きなメリットは、なんといっても価格の安さです。ものによっては純正インクの半額、さらに互換インクショップのまとめ買い割引などを利用すれば、インクに掛かるコストを80%カット!なんてことも夢ではありません。

 

インクのまとめ買いは一般家庭ではそこまで利用価値がないかもしれませんが、会社で経費を削減したい…などの切実なコストカットが可能になります。

 

もちろん、プリンターの使用が多い家庭にとってもコストカットのメリットは大きいですよね。また、プリンターのメンテナンスが定期的におこないやすいのは大きなメリットと言えます。プリンターのヘッドクリーニングって、結局インクを消費する行為なんですよね。

 

なのでインクカートリッジが高いとメンテナンスの回数も抑え気味になり、故障に繋がるなんてケースも多いんです。コストを抑えた互換インクを使用することでメンテナンスも気兼ねなくできるのは嬉しいですね。

 

互換インクのカートリッジはプリンターにきちんとはまるように配慮されているものの、大半はオリジナルのデザインとなっており、インクの種類によっては純正インクよりも容量が多いこともあります。

 

安く買えて長く使えるなんて理想的なインクですよね。近年は純正インクに負けない仕上がりを実現する高品質な互換インクがどんどん生み出されているので、いくら安くてもプリントの質がダメ、と敬遠していた人もまずは試して欲しい!と自信を持っている互換インクメーカーも増えています。

互換インクでちょっと気になるデメリット

互換インク,デメリット

互換インクのデメリットはいくつかありますが、まず純正インクより優れたものはないということを理解しておく必要があります。

 

純正インクはいわば独壇場で、プリンターそれぞれに最適とされる品質で製造されています。そのため、プリンターに適したインクの粘り気やプリントされたものの仕上がりは、やはり純正インクにかなうものはないんです。

 

それでも最高の仕上がりでなくてもいい、コストを抑えたいという場合に、互換インクショップの保証内容などをよくチェックして使う必要があります。純正インク以外を使った場合に何らかのトラブルがあった場合、ほとんどはメーカーの保証対象外となるのも注意したい点です。

 

互換インクのメーカーはさまざまあり、同じプリンターに対応するインクでもメーカーによって品質に差があるので、使用ユーザーに人気の高い互換インクがどれかを探るのもおすすめです。

 

互換インク=安いというイメージからするともっとも安いインクが一番人気!となりそうですが、品質などの面で必ずしもそうではないので、レビューや口コミに目を通してみてくださいね。また、色によって別々のメーカーのものを使うと思わぬトラブルが発生することがあります。

 

黄色はA社、黒はB社のをお試し…という使い方はやめて、必ず全ての色を同じメーカーのもので統一するようにしてください。故障トラブルはないけどプリントの質に異常が…なんてこともあるので、この点はしっかり守るようにしてください。